セールスエスコート

セールスエスコート

セールスエスコートは、インターネットと電話を使った「集客」と「販売アシスト」を行う、販売部門向け前方支援サービスです。
集客と販売アシストに必要な、ホームページ、ニュースリリース、テレアポ、メルブロ、CRM(PaaS)の5つのアイテムを用意し自由自在に組み合せることが出来ます。


資料請求







 

上に戻る 詳しく読む

何故セールスエスコートなのか?

人手不足

いま最も深刻なのは人手不足です。セールスエスコートなら人手を増やすこと無く今いる人手で補足することが可能です。

予算不足

先が見通せないため予算は大きく取れません。でも、このセールスエスコートなら最小予算(月額5万円)から始められ、しかも1ヶ月単位で自由に組み合せられます。売上状況に合わせて増やしたり・減らしたりが自由に出来ます。

活動不足

本当は自社でやりたいが誰もが新しい事へのリスクを感じています。セールスエスコートならそのリスクを最小限に抑えることが出来ます。

上に戻る いま直ぐ問合せる 資料を請求する もっと詳しく

実施すると どんな効果があるのか?

集客

第一に集客数アップです。
ご提供する5つのアイテムの中で最も新規獲得率が高いのはテレアポです。その確率は各種商材を平均して5%です。そこから95%を無駄にしないための施策が必要です。ここにホームページ、ニュースリリース、メルブロを活用します。特にニュースリリースが重要です。

商談

第二に商談数アップです。
ニュースを出す企業や店舗に対してどのようなイメージを持たれていますか?「偉いな」、「凄いな」、「いいな」等々色々あるかと思います。その持たれているイメージの実施側に立つのです。多くのご商談を積み重ねる中で いま以上に信用度が向上します。

なお、ニュースリリースによってホームページへのアクセス数が倍増する事も確認されています(当社調べ)。

販売

第三に販売数アップです。
パレートの法則という20%のお客様が80%の販売に貢献するという比率があります。比率なら実施数を増やせば良い訳ですよね?その手段となるのがテレアポ、ホームページ、ニュースリリース、メルブロです。そして手掛けた仕事を取りこぼさないためにCRM(PaaS)を使います。

上に戻る いま直ぐ問合せる 資料を請求する 何故できるのか?

何故できるのか?

集客

第一に統計データを使います。
統計データとは、ある目的の元で実際に調べた1つの事実です。これを幾つか組み合せて分析すると、業界・業種・商材の動き(波)が分かる点を使います。

商談

第二にBMC分析を使います。
BMCとはビジネスモデルキャンバス(Business Model Canvas)と言ってビジネスの絵を書くためのテンプレートです。これにお客様のご要望を加え統計データを比較データとして素案を作成します。

販売

第三に6W2H法を使います。
6W2H法とは「いつ何処で誰が何を?」というビジネス版なぜなぜ分析です。BMC分析に対するツメに相当し売上重要管理項目を導き出すために使います。これを基にしてセールスエスコートを行います。

上に戻る いま直ぐ問合せる 資料を請求する

お問合せ

contact

上に戻る