何故セールスエスコート?

なるほどセールスエスコートしよう!



課題

中小企業庁白書を利用させて頂きますと・・・

 ダントツは営業力・販売力の強化!


あなたの会社には営業力があるはずです。 ただし統計をとると(数字で見ると)グラフのように、「営業力・販売力の強化(74.4%)」が最も望まれています。

不思議ですよね? ここに要因(見えていない理由)と原因(解決策)があると思ってください。 これを「セールスエスコート」が解決します。

ところで営業力・販売力って何でしょう?


出典:中小企業庁白書 2012年版(h24) - 第3-2-1図
原文:http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/H24/H24/html/k321000.html

営業力?販売力?

「営業力・販売力」をインターネット検索した時に出てくる内容をご覧ください。

営業力(Google検索リンク)
販売力(Google検索リンク)

役に立つ話し、具体的なソリューションがあったと思います。これで解決する時、セールスエスコートは必要ありません。 ただし、解決しないならセールスエスコートを必ず選んでください。確実にお役に立てるからです。


こんな方法

図は「分類と比率」、「比率と確率」の関係を解明するために企画(セールスエスコート)した作業手順です。その結果・・・

◆アクセス数が10倍に向上することが判明

具体的には110%(1.1倍)から1000%(10倍)の範囲で向上することが分かっています。 しかも実施している事は、ホームページ作成とニュースリリースのたった2つです。

 ホームページ 
 ニュースリリース 

これを更に効果的にする施策を加えます。


あんな方法

◆「要る?」「要らない?」を明らかにする

先に実施したホームページ作成とニュースリリースは、お客様に向けてのアウトプットですよね? だから、今度はインプットに相当する作業を行います。

その際、お伺いしたい内容とは「要る?」「要らない?」ですよね? なら、アウトバウンドコールとメールマガジンを使いお伺いしましょう。

 アウトバウンドコール 
 メールマガジン 

セールスエスコートは、たくさんの手段があります。 是非「一覧」も合わせてご覧ください。 本日はお時間を頂き誠にありがとうございました。