何故セールスエスコートなの?

なるほどセールスエスコートしよう!



課題

ダントツは営業力・販売力の強化!

どこの会社だって営業力はあります。 それなのにダントツ高いのは、人材の確保・育成(36.2%)、販売価格引上げ・コストダウン(34.9%)の難しさの裏返しですよね? 私はそう思います。

◆だからセールスエスコートなんです

ところで営業力・販売力って何でしょう?


出典:中小企業庁白書 2012年版(h24) - 第3-2-1図
原文:http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/H24/H24/html/k321000.html

営業力?販売力?

ほんの少しで構いません。「営業力・販売力」をインターネット検索した時に出てくる内容をご覧ください。

営業力(Google検索リンク)
販売力(Google検索リンク)

役に立つ話し、具体的なソリューションがあったと思います。これで解決する時、セールスエスコートは必要ありません。 ただし、解決しないならセールスエスコートを必ず選んでください。確実にお役に立てるからです。


こんな方法

私をアホだと思ってください。そんなアホが無心になって左を実施したら「良い結果」が得られたのです。だから・・・

◆あなたの会社でも必ず同じ事を起こさせます!

具体的には110%(1.1倍)から1000%(10倍)の範囲で必ず向上します。 いま ここで範囲を決めないのはあなたの会社の営業・販売を知らないから。 そこで・・・

補足:
実際の作業は少しの数学および統計学を使い仮説と検証を少なくとも100組み作成。 これを数点まで絞り込む作業を行います。 残りが無駄になると思われるかも知れませんが、それは違います。 お客様の想いは「十人十色」であるため全て再利用が出来るのです。


トライアルエディション

トライアルエディションをご用意

破格の5万円で、貴社のイチ押しをインターネットと電話で幅広く伝えます。 あなたは、打合せを要請しインタビューを受けるだけ。 販促・企画・募集の何れかのテーマを企画化いたします。

◆販促
◆企画
◆募集