ニュースリリース書き方・出し方

なるほどセールスエスコートしよう!



テーマ

「うーむ」と悩んだ時は、”総合テクニカルサポートの無料版”を是非お使いください。 デスクワーク・パソコンとスマートフォンの何れでも受信を確認でき24時間以内に応答出来るためです。 Skypeやメールでショートミーティングしましょう。

総合テクニカルサポート

では本題の「テーマ」です。当社ではニュースをお読みになられる方を「会社の選定者様と調達関係者様」に焦点を合わせています。そこから①と②に注力しております。

① 発表に関するテーマ(新製品、新企画、新事業、他)
② 販促に関するテーマ(イベント、展示会、キャンペーン、他)

インターネットネットでの探し方:
 ① 検索エンジンを用意(ex.google)
 ② 「ニュースリリース ネタ」で検索
 ③ 最初のページに示されるサイトの内容を一通り閲覧


書き方

以下がニュース記事の文章構成となります。早い話し”新聞(ニュースペーパー)”と同じですよね。

① 題目(サブジェクト)
② 要約(サマリー)
③ 本文(コンテンツ)

題目、要約、本文を決める際の指針は、何方がお読みになるにおいても「世の社長さんが読む」とします。 ここから幾つかの要件が発生しますので以下に示しました。

① 早読み・斜め読みが可能である事
② 専門用語は最大3つ、注釈は必須
③ 文章は「結論」「断定する」表現のみ使用

インターネットネットでの探し方:
 ① 検索エンジンを用意(ex.google)
 ② 「ニュースリリース 書き方」で検索
 ③ 最初のページに示されるサイトの内容を一通り閲覧



出し方

ほとんどのニュースリリース配信会社様への出し方は以下の何れかです。

① オンライン手続き
② メール手続き・記事添付

ここから先の「出し方」を言及するのは不適切となるためインターネット上の情報をご覧ください。

インターネットネットでの探し方:
 ① 検索エンジンを用意(ex.google)
 ② 「ニュースリリース 出し方」で検索
 ③ 最初のページに示されるサイトの内容を一通り閲覧


その他

躊躇するであろう想いと当社の解釈を書いておきました。

【躊躇】
大きな会社様なら知名度もあるから大丈夫だろう。ウチは会社が小さいので意味がないだろう。

【解釈】
逆です。ニュースリリース配信会社様を活用する最大の意味は、企業規模に関係なく同じスタート・ラインに並べる事に他ならないからです。


よくあるケースを1つ書いておきました。

【掲載済み】
ホームページのトップページにニュースリリースを掲載しているから必要ないだろう。

【ご回答】
せっかく下準備が出来ているのに勿体無いです。 AIDMAの法則を使ってお話しいたします。

ニュースリリースは、AIDMAの法則における最初の「A(Attention:注目)」を期待するためのものです。 その結果、ホームページをご覧頂き「I(Interest:興味」または不必要と判断されます。 この時、「D(Disire:欲求」頂くことが叶えばブックマークされ、後日ホームページ上のニュースリリースをご覧頂けるかも?知れません。 このような段階を踏むことになります。この事と比較ください。

またニュースリリースを実施なさっていない企業様でも、テレビCMや専門誌・業界紙などで「A(Attention:注目)」に相当するプロモーションを行っている事が多いはずです。