分かるWEBデザイン

なるほどセールスエスコートしよう!



分かるを伝える!

世の中には、数々のWEBマーケティング理論があります。当社は、これを分かりやすくするため大幅にショートカットしました。

◆10秒で分かる範囲に纏める(書き手側)

読み手側はこの10倍かかるとお考えください。初めて読むのだから当たり前なんです。 一方、書き手側は自分が承知している事を書くため常識だと思っています。 従って「マーケティングの初期段階はこの差を埋めることに他なりません。」と申し上げればマーケティング理論と繋がるはずです。 だから、お客様に最も分かりやすい手法として、書き手側であるホームページ制作は常に1/10で纏めるとしています。

【備考】
図は"Marketing Theory"をCreative Commons Searchし取得した図です。1つ1つを見ると面白いかも知れません。


そんなWEBデザイン

WEBデザインにアートのイメージをお持ちかも知れません。 ここにエネルギーを注ぐなら効果的な活用法があります。

◆デザインも10秒で分かる範囲に纏める(創造側)

ホームページの読み手側は創造側の影響を受ける連想側だとお考えください。 次に、デザインを上手く活かしている展示会の例を紹介しているサイトをご案内します。

http://www.fridaeverling.com/

このサイトの「Grand Antiques(白い手が赤いクロスを引く様子の写真部分)」をクリックし、上から下まで順番に眺めてください。 内容が分からなくともデザインの共通性が伺えるはずです。これを「Subconscious Design」としています。 このデザインを活かした結果は「読むより格段に高速な道標」を提供することになるのです。


SEOを伝える!

SEOは、Search Engine Optimizationの略で検索エンジン向けの最適化を指します。 当社もSEOを実施しておりますので以下に例を挙げます。

1)WEBデザイン上のコードの改善
2)WEBサイト内の文章作成
3)パートナー様 有料SEOの実施


そんなWEBデザイン

検索エンジン向けの最適化についてお話しいたします。「百人一首」みたいなものかも知れません。

いま、あなたは検索エンジンだとします。 世の中には数億ものWEBサイトがありますが、数が多すぎるので仮に10個としましょう。 さて、どのように必要な情報を探し当てますか?下記の何れかから選んでください。

1)デザイン
2)文章
3)キーワード

答え:「文章」とお答えになられると思います。

デザインは良いのが一番です。誰もがそう言うはずですから除去します。 次に、もしWEBサイトがキーワードだけだとしたら必要な情報は得られますか?得られませんよね? よって文章が一番大事なんです。ここまでが検索エンジン向けの最適化の格子です。 WEBマーケティングでは、これに十人十色を加えます。 それがセールスエスコートで行うWEBデザインです。

Wikimedia:File:Hyakuninisshu 061.jpg,  Public Domain

Youtube:The SEO Dr.,  CC BY 3.0